エポスカード 賃貸借契約時の初期費用 ”クレカ決済”OKに

丸井グループのエポスカード(東京都中野区)は、家賃保証サービスの新メニューとして、入居希望者が賃貸借契約時に支払う敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用をクレジットカード決済できるサービスを始めました。

指定カードで手数料率1.5%

エポスカード / すみかえ応援クレジット

 エポスカードは、家賃保証サービスの新メニュー『すみかえ応援クレジット』をスタート。これは、入居希望者が賃貸借契約時に支払う初期費用をクレジットカードで決済できるサービスです。

 サービスの対象は、エポスカードの家賃保証サービスを導入している賃貸管理会社の管理物件で、支払い回数は1回から24回まで選択でき、決済金は管理会社の指定口座に2~4営業日後に入金。保証料、家財保険料などは対象外ですが、入居者が「エポスカード」を持っていなくても個別信用購入あっせんでも利用できます。

 初期費用のクレジット払いについては、管理会社が支払う手数料負担がハードルとなり、普及しづらい側面がありました。けれども、このサービスは決済時に「エポスカード」を利用すれば、手数料率を1.5%に抑えることができます。さらに、入居者は「エポスカード」で初期費用や月々の家賃を支払うことで、決済額の0.5%のポイントが付与されるというメリットも。サービス申し込みの流れは、まず「家賃保証申込書」と「入居申込書」の記入後、管理会社が決済用IDとQRコードを入居者に送ります。入居者はスマートフォンでQRコードを読み取り、必要事項を入力して契約するだけです。エポスカードの家賃保証サービスは、2019年度の年間新規契約者数は約18万人となっています。

【商品概要】
名 称:すみかえ応援クレジット
価 格:「エポスカード」の入会金・年会費無料

【会社概要】
社名:エポスカード
設立:2004年
取締役社長:斎藤義則
資本金:5億円
事業内容:クレジットカード業務、クレジット・ローン等金融業務
本社所在地:東京都中野区中野4-3-2
連絡先:03-4574-0101(代表)