オーナーへの空室対策の提案を後押しする「オーナー専科」

2024年05月10日

 空室対策から相続まで、管理会社がオーナーに伝えたい情報は全部「オーナー専科」に凝縮されています。 オーナー向けセミナーを予定しているのなら、資料としても役立ちます!

 リフォームの重要性など管理会社がオーナーに伝えたい情報も満載。収支報告書と一緒に郵送したり、訪問時にお渡ししたり。対話のきっかけづくりのツールとしても活用できます。


オーナー専科5月号では以下の内容をお届けします!

1.担当者にゆだねてスムーズに対応
2.既存賃貸住宅に省エネ給湯器設置で補助金
3.8坪でできる! 無人アパレルで土地活用
4.賃貸経営にも活用できる「小規模宅地等の特例」
5.便利アイテム紹介                                  6.リノベ漫画~2部屋をなくして広々LDKに~
7.原状回復工事のコツと工夫                          8.元気を引き出す快眠のすすめ


バックナンバー

2024年4月号
2024年3月号

2024年2月号

 オーナー専科のサンプルをダウンロードして読むことができます!ダウンロードは無料です。実際にどんな情報が載っているのか、読んでみることでオーナー専科の使い方のイメージがしやすくなると思います!


『オーナー専科』とは?

 管理会社がオーナーと絆を深めるための情報ツールです。オーナー訪問時に担当スタッフが「オーナー専科」を手渡しして、既存顧客とのコミュニケーションを取りやすくします。新規顧客開拓のドアノックツールとしても活用できます。自社でオーナー向け情報誌を作る人手も時間もない管理会社は、会社案内とともにオーナーに渡して会話の糸口にすることができます。月刊で、オールカラー8ページ立て。1部あたり220円(税込)で、30部から購入が可能です。年間購読(年12回)、1号ごとの購読も可能です。

【媒体概要】
名称:オーナー専科
特徴:月刊 オールカラー8ページ
価格:1部あたり220円(税込)
販売単位:30部から購入が可能、年間購読(年12回)または1号ごと
発行:全国賃貸住宅新聞社
お問合せ:senka@zenchin.com