光触媒による除菌コーティング リフォームや原状回復で導入

 リフォーム事業を手掛けるウエルプデザイン(東京都多摩市)は、光触媒による除菌コーティング剤『Dr.OHNO(ドクターオウノ)』を販売しています。同製品は、九州工業大学の研究チームが開発したもので、リフォームや原状回復の際に導入することができます。

▲スプレーで室内の壁などに塗布。LEDなどの室内光でも反応する

入居希望者への宣伝材料として活用も

ウエルプデザイン / Dr.OHNO

 リフォーム事業を手掛けるウエルプデザインは、トップラン(福岡市)が製造する光触媒による除菌コーティング剤『Dr.OHNO』を販売しています。同製品は、九州工業大学の横野照尚教授を中心とした研究チームが開発したもので、同社は2020年4月から製品として販売。光触媒による除菌とは、光が触媒に当たることで反応し、有機物を分解することで抗菌・消臭・防汚などの効果が得られる仕組みで、室内の壁や天井などに塗布する形で使用します。

 『Dr.OHNO』は、LEDや蛍光灯などの室内の弱い光でも反応する特許技術を使用した酸化チタンという触媒を使用しているため、室内の薄暗い照明でも効果を発揮。特殊なコーティング剤のため、拭き取ったり、洗浄したりしない限り一度の塗布で効果が持続します。九州旅客鉄道(福岡市)の運営するホテルや公共交通機関などですでに導入され、住宅向けでは、主に原状回復などの際に併せて行い、入居希望者への宣伝材料として活用されるケースもあります。

 ウエルプデザインの塩田義治社長は「コロナ下で除菌需要が高まる中、リフォームや原状回復の際の導入を進めていきたい」と今後の展望を語ります。

【商品概要】
名称:Dr.OHNO
価格:ウエルプデザインに問い合せを
その他:施工に適した箇所は白色の天井・壁など

【会社概要】
社名:ウエルプデザイン
設立:2004年
代表取締役:塩田義治
事業内容:東京都多摩市・日野市・立川市・八王子市等、多摩地区エリアの賃貸マンションの現状回復工事、中古住宅のリフォーム施工・管理
本社所在地:東京都多摩市山王下1-12-12 福満ビル402
連絡先:電話042-319-6405