入居者管理システムが スマートホーム機能と連携

 入居者管理システムを提供するパレットクラウド(東京都渋谷区)は、アクセルラボ(東京都渋谷区)と連携します。これにより、現在約200万戸に導入されている『パレット管理』の入居者アプリで、スマートホーム機能を提供できるようになります。

▲『パレット管理』の入居者アプリ内でIoT機器の操作が可能に

エアコンや照明などの遠隔操作が可能に

パレットクラウド / パレット管理

 クラウド型の入居者管理システム『パレット管理』を提供するパレットクラウドは、2021年7月、スマートホームなどのIoT機器の開発を手掛けるアクセルラボ(同)と連携します。これにより、200万戸に導入されているパレットクラウドの入居者アプリケーションに、アクセルラボのIoT機器が操作可能な『Space Core(スーペース・コア)』の機能が追加され、入居者サービスの拡充を図ることができます。

 『Space Core』は、ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作ができるようになる「スマートホーム機能」を提供するスマートライフプラットフォーム。『パレット管理』を利用する管理会社が、この『Space Core』を導入するには、単身者向けやファミリー向けなど、用途に応じたIoT機器を組み合わせることになります。導入する機器に応じて初期費用が変動し、月額660円のシステム利用料がかかりますが、エアコンや照明などの遠隔操作が可能となるなど入居者向けサービスを充実させることで、入居者満足度の向上や、導入した賃貸住宅の賃料アップにも期待が持てます。

 2021年夏以降には、アプリへ退居連絡をするだけで、入居者IDの権限を削除し、電力名義の切替えやスマートロック、家電の操作などの権限を管理会社に自動で移譲するアプリも連携される予定。アプリ内での利便性が高まり、管理会社の業務効率の向上にもつながりそうです。

【商品概要】
名称:パレット管理
価格:スタンダード(入居者アカウント数〜3万戸まで)の運用費・月額30万円(税別)、プレミアム(入居者アカウント数制限なし)運用費・個別見積り 
※初期費用はカスタマイズ対応費を除き無料(『Space Core』導入の初期費用は対応機器により別途要)

【会社概要】
社名:パレットクラウド
設立:2010年
代表取締役CEO:梶谷 勉
資本金:4億4071万4600円(資本準備金含む)
事業内容:不動産業界に特化したクラウド入居者管理システム(SaaS型のCRMプラットフォーム)などのサービスを提供 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-9-6恵比寿パークプラザ3階
連絡先:問い合せフォームにて