売却後の自宅に賃貸で住めるリースバック

 『安住売却』通称「あんばい」はリースバックサービスです。不動産を売却してまとまった資金を手に入れ、その後、賃貸で自宅に住み続けることができるもの。賃貸契約は2年間の定期建物賃貸借契約で、再契約で延長することもできます。

契約者の7割は老後資金が目的

インテリックス / 安住売却

 中古マンション再販事業を行うインテリックス(東京都渋谷区)は、リースバックのサービス『安住売却』を提供しています。契約形態は2年間の定借契約で、再契約可能。対象となる不動産はマンションに限らず、戸建てや自宅兼店舗でもできます。実際に契約している建物種別では戸建てが6割、マンションが4割の比率。築30~40年になる物件もあります。

 契約者は老後資金としてまとまった資金を確保したい60代半ばのリタイア層が全体の7割ほどを占めます。能城浩一執行役員は「金融機関にリバースモーゲージはどうかと相談したが、属性や不動産評価から思ったより融資を受けられないと当社に問い合わせをしてきた方が多い」と語ります。問い合わせに対し、実際に契約に至るのは8%程度。ただ、将来的に退去が出てからリノベーションして販売できる物件の仕入れルートとしても重視しているそうです。

 同社はこれまで中古マンションを買い取り、リノベーションして再販するフロー中心の事業展開を行ってきましたが、リースバック事業によって、賃料収入というストック売り上げにつなげるとともに、中長期的な再販のための物件の仕入れにつなげています。

【商品概要】
名称:安住売却 ※通称「あんばい」
価格:※物件による
その他スペック:賃貸契約は2年間の定期建物賃貸借契約。終了後、再契約も可能
注意事項:※戸建、区分マンション、自宅兼店舗、一棟ビル等対応。個人でも法人でも活用可能
※保証人・連帯保証人の必要なし ※契約者の年齢制限なし

【会社概要】
社名:インテリックス
設立:1995月17日
代表取締役:山本卓也
資本金:22億3100万円
事業内容:不動産売買・不動産賃貸業・不動産コンサルティン
社員数:連結296人、単体203人(2017年11月末現在)
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-12-19東建インターナショナルビル11F
連絡先:電話03-5766-7070