バーチャルで部屋探し 専用の賃貸ポータルが開設

 掲載物件はすべてVR見学が可能という、入居者募集のオンライン仲介サイト『ai66(アイルーム)』がオープン。申し込みから入居まで全てオンラインで完結するのが特徴です。運営するのはVR技術を使ったサービスを展開するCLASSIX(クラシックス:大阪市)です。

▲『ai66』に掲載されている『3Dウォークスルー』の画像

申し込みから重要事項説明まで完結する仕組み

CLASSIX / ai66

 バーチャルリアリティー技術を使ったウェブサービスを展開するCLASSIXが、入居者を募集する不動産会社の管理物件を掲載するオンライン仲介サイト『ai66』を開設しました。申し込みから入居まで、全てオンラインで完結するのが特徴です。

 同サイトでは、ビデオ通話機能も備え、オンラインによる重要事項説明にも対応。掲載に費用はかからず、入居が決まった際に発生する成功報酬型の料金体系を採用しています。掲載ページでは、一般的な物件情報のほかに、『3Dウォークスルー』機能を使った立体的な画面で、共有部や専有部をまるで現地にいるかのように見学することが可能。メジャーツールを使って室内の計測ができ、フロアプランモードやドールハウスモードを使って物件の全体像を確認することもできます。これは、『Matterport(マターポート)』というカメラを使い撮影したもので、ワンルームの場合、撮影作業は30~40分で終了するそうです。

 2021年6月現在、同サイトには関西エリア66件の物件を掲載。今後は、ポータルサイトとの差別化をより強化することを目的に、ルームシェアのマッチング機能を設ける予定とのこと。また、「順次、東京エリアの物件の掲載も進める」と夏目三法CXOは話します。

【商品概要】
名称:ai66
価格:物件の掲載は無料。入居決定時に料金が発生する成功報酬型。詳しくはCLASSIXに問い合せを
その他:掲載物件はすべてVR見学可能

【会社概要】
社名:CLASSIX
代表取締役:川田 剛
設立:2012年
資本金:1億1020万円(資本準備金2260万円含む)
本社所在地:大阪市北区曽根崎新地2-3-13
事業内容:体験型プラットフォームの構築、運用、VRファシリティースキャニング、XR研究・開発
連絡先:電話06-6147-7339