多拠点生活ニーズに応える ホテルのサブスクプランが人気

月額定額で滞在できる、ホテルのサブスクサービスに注目が集まっています。三井不動産ホテルマネジメント(東京都中央区)は、全国38のホテルで『サブ住む』サービスを開始。賃貸契約や初期費用等は不要で、多拠点生活やテレワークなどに応えるものです。

水光熱費込み、Wi-Fi無料。各種アメニティあり。定期的な室内の清掃とリネン交換もつくという

開始から2週間で約3000泊分の予約が入る

三井不動産ホテルマネジメント / HOTELどこでもパス、HOTELここだけパス

 三井不動産(東京都中央区)と三井不動産ホテルマネジメント(同)は、2021年3月からホテルのサブスクリプションサービス『サブ住む』の提供を始めました。多拠点生活やテレワーク用のセカンドハウス需要に応えるものです。

 このサービスでは、二つのプランがあり、一つ目は、全国のホテル35施設(「三井ガーデンホテルズ」「sequence」)を対象に、月額15万円(別途、部屋ごとに追加料金が必要)で、さまざまなホテルを泊まり歩ける『HOTEL(ホテル)どこでもパス』。利用期間は、30泊、60泊、90泊から選ぶことができます。3月に終了した募集では、抽選で100人の限定プランに対して、約800人の応募が殺到したそうです。もう一つの『HOTELここだけパス』は、全国38カ所あるホテル(「ザ セレスティン ホテルズ」「三井ガーデンホテルズ」「sequence」)より一つのホテルを選び、30泊宿泊できるもの。こちらも、申し込み開始から2週間で約3000泊分の予約が入る人気ぶりです。

 同社広報部によれば、「『HOTELどこでもパス』は20~30代の利用が多く、『HOTELここだけパス』は40~50代で都内のホテルの予約が多い」と話します。

【商品概要】
名称:HOTELどこでもパス HOTELここだけパス

価格:
【HOTELどこでもパス】
固定使用料15万円/30泊+利用料(500円/泊・室)
 ※一部、アッパークラスは利用料2000円/泊
 ※すべて税込
 ※30泊、60泊、90泊のいずれかを選ぶ
 ※2021年3月で申込み終了

【HOTELここだけパス】
30泊以上の定額料金。31泊目以降の追加分は別途1泊あたりの金額が必要。ホテルや部屋タイプにより異なる
 ※支払いはチェックイン時にホテルで一括払い
 ※予約:2021年5月31日まで(専用の予約問合せフォームより、希望のホテルと部屋タイプ、滞在日程などを入力し回答を待つ)
 ※宿泊対象日:2021年6月30日まで

【会社概要】
社名:三井不動産ホテルマネジメント
設立:1981年
代表取締役社長:雀部 優
資本金:4億9千万円(三井不動産株式会社全額出資)
事業内容:ホテルの経営および管理業務、ホテル施設計画および建築計画に関する指導、 ホテル経営に関する情報の収集、処理および分析、レストラン・バーの経営および管理業、観光客に対するツーリスト情報提供およびホテルの斡旋業、不動産の売買、賃貸および管理業など
従業員数:899人(2021年4月現在)
本社所在地:東京都中央区日本橋本町2-2-5 日本橋本町二丁目ビル2階
連絡先:※ウェブサイトの問い合せフォームより連絡