ドローンを飛ばし足場不要の外壁点検

 ドローン・フロンティアは、足場を組まずに外壁点検ができるサービス提供の体制を強化する一環で、赤外線データ解析を得意とするエアロエムズとグループ会社になったことを発表。ロープアクセス工法による外壁点検を行う4Uとの業務提携についても明かしました。

▲ドローンで外壁を点検

ドローン・フロンティア / ドローンを使った外装点検

 建設業でドローン活用を推進するドローン・フロンティア(東京都足立区)では、どのような建物であっても足場を組まずに外壁点検ができるサービス提供の体制を強化しています。同社は7月3日、赤外線データ解析を得意とするエアロエムズ(神奈川県藤沢市)とグループ会社になったことを発表。同時に、ロープアクセス工法による外壁点検を行う4U(フォーユー:東京都清瀬市)との業務提携についても明かしました。

 赤外線点検とは、主にビルやマンション、公共建造物などで用いられる非破壊検査の一種です。正常箇所と異常箇所との間に発生する温度差を赤外線で感知。外壁タイルやモルタルが浮くと、隙間に入った空気が太陽光により温められるため、赤外線カメラで撮影すると正常な壁面と比較して高い温度分布を示し、逆に漏水や浸水があると、低い温度分布を示します。さらに、ドローンに赤外線カメラを搭載し撮影を行うことが可能となったため、高層ビルにおいての赤外線点検が可能になりました。

 法律や安全上の関係でドローンの飛行が難しかったり、また日照の関係で赤外線撮影に適さないなどの理由から点検が実施できないこともあります。特に都心部ではこうしたケースが多くみられますが、2社との連携によって、足場を組まないで外壁点検が可能になりました。今後は、赤外線建物診断技能師の資格を持つ社内スタッフを増員するとともに、解析業務ができるスタッフを育成。生産性向上のためのシステム開発に資金を投資していく考えです。

【商品概要】
名称:ドローンを使った外装点検

【会社概要】
社名:ドローン・フロンティア
設立:2017年3月13日
代表取締役:府川 雅彦
事業内容:ドローンによる空撮・映像制作、ドローンによる建造物点検(可視光・赤外線)、ドローンビジネスコンサルティング、ドローンスクール「アジアドローンカレッジ(ADC)」の運営、ドローン及び周辺機器の販売
本社所在地:〒120-0026東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学千住アネックス 4F
連絡先:03-5284-7594