単発で働くギグワーカーを検索 鍵の交換やIT重説業務で利用

 業務支援サービスを手掛けるギグベース(東京都千代田区)は、利用企業が必要な時に短時間業務などを依頼できる、ギグワーカーの検索サービス「gigbase(ギグベース)」を提供しています。経験やスキルに即して人材検索が可能で、不動産業界での利用社数は約800社。賃貸管理のアウトソーシングにも活用できます。

▲仕事内容に合わせ、スキルなどを見ながらギグワーカーを探せる

2万人以上の登録数。1時間単位で直接業務を依頼できる

ギグベース / gigbase

 「gigbase」は、隙間時間などを活用して単発・短時間で働くギグワーカーがスキルや資格、経験を生かして「タレント」として登録を行い、利用企業はデータベースの中から必要な時期や時間に1時間単位で直接業務を依頼できるというサービスです。2021年6月時点でのギグワーカーの登録数は約2万6300人、利用企業数は支店別の登録も含め約950社。そのうち不動産業界での利用社数は約800社に上ります。

 ギグワーカーの資格、経験、スキルはチャート評価で可視化されているので、利用企業は、求める経験やスキルに即してギグワーカーを検索でき、一度依頼したギグワーカーに対して継続的に依頼を行うことも可能なため、ミスマッチが起きにくくなります。ギグワーカーの雇用形態は業務内容に合わせ、業務委託契約と雇用契約のどちらかを選ぶことができます。不動産会社における利用ケースとしては、入居時の鍵の交換やIT重説などの業務が挙げられます。

 利用企業が同社に支払う料金体系には2プランあり、仕事掲載からスクリーニングまで利用企業が自ら対応する「ベーシックプラン」と、募集文言の作成などを行うカスタマーサクセスのサービスが含まれる「サポートプラン」。どちらも、仕事の契約時に報酬に対する手数料等が発生します。 西口祐太取締役は「キャンペーンなどの施策を通じて利用企業数の拡大を図っている。ギグワーカーの活用に対するハードルを少しでも下げていきたい」と語ります。

【商品概要】
名称:gigbase
価格:完全成果報酬制。「ベーシックプラン」タレント報酬金額+サービス手数料(報酬金額に対し25%)、「サポートプラン」タレント報酬金額+サービス手数料(報酬金額に対し35%)、月額サポート料金2万1780円(税込み)
その他スペック:無料トライアルあり。「ベーシックプラン」3シフト分のサービス手数料無料、「サポートプラン」アカウント承認から30日間の月会費無料と3シフト分のサービス手数料無料

【会社概要】
社名:ギグベース(旧アクシスモーション)
設立:2010年
代表取締役社長:田中祥司
資本金:3億8052万円
事業内容:ギグタレントコラボレーションサービス、現地作業の代行
本社所在地:東京都千代田区神田三崎町2-20-5 住友不動産水道橋西口ビル2階
連絡先:電話03-5357-1325(10:30〜17:30)