家電操作もできる入居者向けアプリ

 『Space Core』は入居者に向けた専用のアプリで、スマホにダウンロードすれば各種IoT機器の操作ができ、物件がスマートホームになるものです。アプリを使って、管理会社との連絡や手続きもスムーズになり、不動産会社の業務効率化にもつながります。

▲『Space Core』はIoT機能を持つ

入居者と管理会社・オーナーの関係を強固にする

アクセルラボ / Space Core

 IoT機器の開発・販売を手掛けるアクセルラボ(東京都渋谷区)は、管理会社と入居者のコミュニケーションツール機能を持つ『Space Core(スペースコア)』を提供しています。

 最大の特徴は、入居者が専用のアプリをスマホにダウンロードすることで、同社が開発したスマートロックや各種IoT機器の操作が可能になることです。照明の点灯やカーテンの開閉などアプリ上で家電の遠隔操作が可能になるため、入居者が日常的に『Space Core』を使用するようになり、管理会社とはチャット形式で連絡を取ることができるため、設備故障や契約更新などの連絡や手続きがスムーズです。不動産オーナーが利用すれば、総会出欠や決議事項の確認もできます。加えて、入居者は家具レンタルやクラウド型収納サービスなど生活関連サービスも利用できます。

 入居者にとって利便性が高い機能を設けることで、不動産会社との連絡手段をアプリに移行させ、結果的に不動産会社の業務効率化につながります。既に1万5000戸で導入実績があり、導入費用は3万円(税別)で、利用戸数により異なります。IoT機器は別途、有料。

【商品概要】
名称:Space Core
価格:(導入費用)3万円(税別)※利用戸数により異なる。IoT機器は別途、有料

【会社概要】
社名:アクセルラボ
設立:2017年7月
代表取締役:小暮 学
資本金:8000万円
事業内容:AIホーム、 IoT機器、アプリの開発・販売、メディア運営
社員数(従業員数)※採用ページより。要確認:38人
本社所在地:東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
連絡先※ウェブサイトになし。リリースより:(広報)電話03-6847-5649

資本金 (80,000,000円)
本社 〒151-0053
URL https://www.accel-lab.com/
事業内容
所属団体 一般社団法人 不動産テック協会