『matsuri technologies』吉田代表に聞く「宿泊と賃貸の融合はホンモノか」【ダイジェスト】


matsuri technologies

吉田 圭汰代表


2013年、ソフトウェア開発のスタートアップを在学中に創業。複数事業を立ち上げ、女性向けキュレーションサービスをKDDI ∞LABO選出時にて開発し、事業売却。
2016年にはmatsuritechnologies株式会社を創業し、現在の注力分野である民泊分野の事業開発を行う。民泊管理システム、民泊運用の部分代行など複数の事業で国内トップシェアを達成。
また民泊新法に対応する二毛作民泊運用(民泊とマンスリーの併用運用)を提唱し、新法成立後の運用のモデルケースを作りつつ、無人での本人確認SaaSの提供や国内初の民泊マンスリーファンドの運用(上場企業との資本業務提携)など適法化以後の民泊業界の形成を自社の民泊事業群と多数のパートナー企業との連携で構築している。


月額680円で、賃貸トレンドニュースの全てのゲストトークをVimeoでご視聴いただけるサブスクサービスです。