発注はスマホで「承認」するだけ  自主管理が楽になるサービス

OH YEAH(オーヤ:東京都港区)は、不動産オーナー向けの自主管理支援サービス『raQkan』を2021年2月から販売開始。これは、チャットアプリの『LINE』を介して届く工事依頼や入居募集などに、オーナーが「承認」するだけで簡単に発注業務を完了できるというものです。

▲「賃貸管理をもっとかんたんに」と描かれた同社のHP画面

工事依頼や入居募集も『LINE』で簡単に発注できる

OH YEAH(オーヤ) / raQkan

 不動産オーナー向けの自主管理支援サービス『raQkan』は、チャットアプリ『LINE』を介して届くメッセージに対して、オーナーが直接、「了解です」などの「承認」をするだけで、工事業者や仲介会社に業務の発注ができるもの。自己所有物件を簡単に管理することができるサービスです。

 同サービスには、オーナーのほか、入居者、仲介会社、工事会社が参加し、あらゆる連絡は『LINE』を介して行われます。例えば、入居者が退去連絡をすると、それがオーナーと仲介会社に自動で通知されるので、オーナーが連絡せずとも、仲介会社は次の入居募集に必要な家賃などの条件提案をすることができ、オーナーはそれに「承認」するだけで物件情報の公開が始まります。これにより、これまで退去連絡から次の入居者募集まで1~2週間程度かかっていた業務を、数時間で完結させることが可能に。サービスの利用料金は1戸あたり月額980円(税別)~。

 同社は不動産業界で8年間働いた新元翔大社長が、煩雑な賃貸管理業務の自動化システムの構築のために2020年8月に立ち上げた会社で、「わかりやすく自動化して業務効率化することにこだわった」と新元社長は話します。

【商品概要】
名称:raQkan
価格:ライトプラン(設備保証なし):1部屋あたり月額980円(税抜)
   プレミアムプラン(設備保証あり):1部屋あたり月額2,980円(税抜)

【会社概要】
社名:OH YEAH
設立:2020年8月
代表取締役:新元翔大
本社所在地:東京都港区東麻布2-35-1 KCビル6F
連絡先:info@oh-yeah.co.jp