大手企業が借り上げる障がい者向けグループホーム

 パナソニックホームズでは施主から建築を請け負った住居系福祉施設をグループ会社のパナソニックホームズ不動産でサブリースする『ケアリンクシステム』を展開しています。主にサービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどが対象です。

▲同社が建築を請け負った障がい者向けグループホーム

パナソニックホームズ / ケアリンクシステム

 パナソニックホームズ(大阪府豊中市)では施主から建築を請け負った住居系福祉施設をグループ会社のパナソニックホームズ不動産でサブリースする『ケアリンクシステム』を展開しています。主にサービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどが対象で、これまで約130件の実績。

 一般的な賃貸住宅では入居率の維持が難しい立地であっても、福祉施設は安定した収益を見込める点が特徴です。7月には『ケアリンクシステム』に障がい者向けグループホーム(以下、障がい者GH)が加わりました。これまで個別に障がい者GHの建築を請け負ってきたが、融資する金融機関からの要望を受け、より安定した賃貸経営のために同社グループによる借り上げを望む家主が増えています。

 同社の障がい者GH建築請負実績は、2019年度で18件、20年は4~7月で12件。近年、心身に障がいを抱える人が増え需要の増加もあって、受注が伸びています。土地活用を検討する家主にとって、社会貢献性が高い点が決め手になります。同社では転貸先となる施設運営会社のソーシャルインクルー(東京都品川区)、恵(名古屋市)の2社と業務提携を締結。入居者に質の高い住環境を、家主には安定した土地活用を提供できる体制を整えています。

【商品概要】
名称:ケアリンクシステム

【会社概要】
社名:パナソニックホームズ
設立:2007年(平成19年)9月1日
代表取締役:細谷 昭弘
事業内容:賃貸管理事業、介護施設借上げ事業、原状回復・賃貸クリーニング事業など
本社所在地:〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
連絡先:(06)-6834-3816