性格診断から好みの部屋がわかる 楽しい部屋探しを提案する販売促進ツール「LIFULL 住まいんど診断」

2022年06月10日

 ポータルサイトLIFULL HOME`S(ライフルホームズ)を運営するLIFULL(東京都千代田区)は5月12日、不動産の販売促進ツール「LIFULL 住まいんど診断」の販売を開始しました。性格診断ツールを提供するディグラムラボ(東京都港区)と共同で開発し、ユーザーの性格から、好みの部屋や接客方法を提案できるツールとして期待されています。

性格診断で、ユーザー好みの接客スタイルまで提案

 「LIFULL 住まいんど診断」は、簡単な20項目の質問に答えるだけで、回答者の基本性格や好みの住まい傾向などを診断します。設問内容は「自分は好奇心旺盛なタイプだと思う」「トラブルがあっても冷静に対処できる」といった、性格診断でよく目にするテーマ。その結果、性格はひらめき系・リノベーション物件が好きなタイプ。といったユーザーの好みが算出されます。また、お勧めの接客スタイルや言葉遣いなども表示されるため、不動産事業者は回答者の性格に合わせた接客が可能となります。

成約率アップにつなげる狙い

 使用するのは、LIFULLHOME`S会員の不動産事業者です。来店時や、追客メール、テキストでのやり取り時などの使用シーンを想定しています。診断ページはURLやQRコードで接続可能で、来店までに性格を把握するために、反響追客時に診断を促します。店舗での接客精度を上げ、成約率アップに期待がかかります。


 同社が実施したエンドユーザーへのアンケートを行ったところ、「問い合わせの回答が的を射てなかった」「言葉遣いや対応が気になった」といった、部屋探しの際に営業担当者への不満の声が上がっていました。物件自体は気に入っているのに、営業担当者とのミスマッチにより成約を逃しているあることが伺えます。


 費用は、1店舗あたり、初期費用が20万円で、月額7万円から。LIFULL HOME’S事業本部 本部長室 戦略推進グループ高橋貴広さんは「営業時間の効率化が問われている昨今においては、本来、重視すべきお客様を理解するための取り組みに時間を割く事がますます難しくなる状況があります。本システムは、営業の生産性向上、追客時間の短縮において、営業とのマッチング精度向上とクロージングという観点から寄与する画期的なシステムとなると考えております。」と期待を寄せています。