問い合わせ対応から商談設定まで自動化する、賃貸仲介の顧客管理システム

2022年11月25日

追客業務サポートイメージ

 イタンジ(東京都港区)が提供する「ノマドクラウド」は、賃貸仲介業務における、商談設定に至るまでの顧客(入居希望者)対応を大幅に自動化するシステムです。ポータルサイトや自社サイトに問い合わせてきた顧客に自動的に返信し、人の手を介さずに商談まで導きます。また、イタンジが運営するリアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB」と連動し、顧客の要望に沿った最新の空室情報を自動的に提案し ます。導入後も、カスタマーサクセスチームが継続的にサポートします。

イタンジ / ノマドクラウド

自動追客機能で即レス 顧客満足度を高めて来店に

 「ノマドクラウド」の強みは、自動追客機能を使った顧客対応の自動化と、スピードの早さです。 賃貸物件を探す顧客が、ポータルサイトや自社サイトから問い合わせると、5~10秒でサンクス メールを自動返信します。その中で、LINEや会員登録を案内します。顧客情報や希望条件が登録されると、顧客専用のマイページを自動作成し、希望条件にあう空室情報を瞬時に送信します。こうして、反響の一次対応をスピーディに自動化します。顧客は気になる物件情報を、間髪入れず手に入れることができるため、案内ページからの離脱を防ぎます。

 顧客が内見や商談を希望すれば、スケジュールをカレンダーで表示し、日時を設定します。ここまで人の手を割かずに、全て自動で済ませることができます。24時間365日対応するため、営業時間外でも反響を取りこぼすことがありません。

 「ノマドクラウドを導入した不動産会社は、反響来店数が平均8~9%向上しています(イタンジ社調べ)」(執行役員 営業統括責任者 増田直大さん)

自動物確即レス機能
▲顧客がスマホから手を離す前、およそ10秒以内に、条件に合う物件情報を届ける

最新の空室情報を得て自動で対応 「物確」不要で、成約機会を逃さない

 ノマドクラウドのもう一つの強みが、イタンジが運営するリアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB」 とシステム上で連携していることです。これにより不動産会社は、顧客からの問い合わせに対し、物件情報の確認(物確)をする必要がなくなります。「ITANDI BB」のデータが最新情報と自動連動しているからです。

 「ITANDI BB」は、年間約63万件の入居申込に利用されるなど、賃貸仲介市場での利用率が上がっています。顧客が希望する物件の空き状況をリアルタイムに確認できるため、対応の遅れがなく契約機会を逃しません。

_導入までの流れ
▲「ITANDI BB」と連携し、物件情報をリアルタイムで反映。反響に対し即、最新情報を返信できる

システム導入後も、仲介業務に精通する専任チームがサポート

 イタンジには、仲介業務を知り尽くす専任のカスタマーサクセスチームが設置されています。「ノマドクラウド」の導入後も継続してサポートを行うためです。利用する不動産会社と定期的にミーティングを実施し、個々の業務や社内環境に合わせた、売り上げアップにつながる提案なども行います。

 「カスタマーサクセスチームは、期限の限りなくサポートします」(増田さん)

仲介業務の連動性
▲ICT化に不慣れな現場でも導入しやすいよう、サポートが充実している

【導入企業の声】

業務時間の8割、開いている。「タスク登録機能」も便利

三好不動産 吉塚支店 三浦瑛士店長 

 実際に「ノマドクラウド」を導入し、顧客対応をしている、三好不動産(福岡市)吉塚支店 三浦瑛士店長に話を聞きました。吉塚店は、博多駅の一駅隣にあり、企業や学校も多く、単身とファミリー両方の需要がある地域です。

 ――いつから使用していますか?

 入社した6年ほど前に「ノマドクラウド」も導入されました。初めは、お客様との連絡ツールとして使用していましたが、今は、お客様にご来店いただくまでの仕組みとして、活用範囲が広がりました。

 ――どのように使っているのですか?

 お客様から物件の問い合わせがあると、即時にスタッフに通知が届きます。同時に、お客様には、AIが自動で一次対応します。LINEの登録案内や、希望条件に沿った類似物件の自動提案といった内容が送られます。店長は届いた通知の内容を見て担当者を決めます。その後は、お客様に対してAIと担当者の両方で対応します。

 ――業務中、どれくらいの時間使っていますか

 パソコンを開いている時間の8割程度は「ノマドクラウド」を見ています。特に、店舗スタッフの行動を把握するのに、「タスク登録機能」をよく開いています。

 ――「タスク登録機能」の何が便利ですか?

 その日やらなければならない業務について、一覧で確認することができます。自分だけでなく、店舗スタッフもお互いのタスクを確認できます。店長としてスタッフの業務を管理できるのに加え、お互いの動きが見えるため、例えば、不慣れな新入社員を周りの先輩スタッフがフォローしやすくなりました。


「電子契約くん」など他のシステムと連携し、一気通貫で顧客情報を引き継ぐ

「ノマドクラウド」を導入すると、イタンジが提供する他のシステム「ぶっかくん」「内見予約くん」「申込受付くん」「電子契約くん」との連携が可能となります。これにより、「ノマドクラウド」で来店 誘致した顧客情報をもとに、申込受付や電子契約まで、その後の仲介業務を一気通貫で引き継ぐことができます。ポータルサイトの問い合わせから電子契約まで、賃貸仲介の業務を可能な限り自動化し、効率を高めることができます。

「ノマドクラウドは、賃貸仲介に特化してつくられています。他社のプロダクトとの最大の違いです。現場での使い勝手を徹底研究し、ストレスなく感覚的な操作で利用できます。また、クラウドで顧客管理することで属人化を防ぎ、人的資源を適切に配置できるようになります」(増田さん)

▲登録した顧客情報により、電子契約まで業務を引き継ぐことができる
【商品情報】
商品名:ノマドクラウド
料金:反響数による課金制(月間反響50件以下の場合、月額5万円~)※詳しくはイタンジへ問い合わせを
システム連携:イタンジの提供するシステム「ぶっかくん」「内見予約くん」「申込受付くん」「電子契約くん」と連携
その他オプション:LINE連携、API利用や分析レポートなど機能追加オプション、導入後にプロ フェッショナルメンバーによる店舗訪問などサポートオプション
【会社情報】
社名:イタンジ
設立:2012年
代表取締役社長執行役員CEO:野口真平
資本金:3600万円
事業内容:一般消費者への不動産サービス提供、不動産会社へのシステム提供、不動産業務 におけるIT活用コンサルティング
従業員数:約170人(正社員・執行役員のみ、2022年7月時点)
本社所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
連絡先:問い合わせフォームより