法人契約の事務代行サービス 手間のかかる事務作業を軽減

 法人契約の事務代行サービス。契約申込書の送付から回収、質問事項の対応、指定書式への記入や請求書の発行などを代行します。電話のやりとりや手間のかかる作業が軽減されるため、不動産会社はオーナー営業など顧客サービスに集中することができます。

▲事務代行サービス『RESUS』の業務フロー

RESUS / 法人契約の事務代行サービス

 RESUS(リーサス:大阪市)は法人契約の事務代行サービスを手掛けています。山田雅人社長は「事務代行を内製化する動きがあるかもしれないと想定していたが、新型コロナウイルスの影響で出社時間が短縮し、テレワークが実施されているため依頼し続けてもらっている」と話します。

 契約申込書の送付から回収、質問事項の対応、指定書式への記入や請求書の発行など営業担当者に代わって行います。応対の窓口も同社が対応。電話のやりとりや手間のかかる作業が軽減されるため、不動産会社はオーナー営業など顧客サービスに集中することができます。

 2016年の設立からこれまで5000件対応しています。コロナ禍で転勤も自粛傾向にあるため、繁忙期の契約件数は前年に比べて2割減少したが、不動産会社がインソースに切り替えてサービスの利用を見合わせるケースはないとか。

初期費用は3万円から。単価は1万4000円から。

【商品概要】
名称:法人契約の事務代行サービス
価格:初期費用は3万円から。単価は1万4000円から。

【会社概要】
社名:RESUS
設立:2016/11/11
代表取締役:山田雅人
社員数:7名(2017.7.1現在) 従業員平均年齢29歳
本社所在地:〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島4-3-21 NLCセントラルビル504