『ランドマーク税理士法人』清田さん 4月に起きた自らの相続を語る

2021年11月15日

<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。

当事者としての相続を振り返る

 資産税専門の税理士事務所、ランドマーク税理士法人を率いる清田幸弘代表税理士は、21年4月に父親を亡くし、自ら相続の当事者となりました。二人の姉を持つ清田税理士が行った対策は、父親の持っていた現金を元手にしたものでした。あらゆる相続税対策を駆使し、円満な相続を目指した理由について話します。



ランドマーク税理士法人
代表税理士

清田 幸弘さん


1962年、横浜の農家の家に生まれる。明治大学卒業後、農協、資産税専門の会計事務所を経て1997年に独立。自身の経験を元にした相続税申告を中心に取り扱う地主の相続の専門家。立教大学大学院客員教授。


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

【10/27ライブ配信】<管理業務アップデート会議Vol.2> 管理契約の重説、どうしてる? / 賃貸管理会社のインボイス制度対応を考える

 「賃貸住宅管理業法」の施行により、新たな義務となった「管理取得時の重要事項説明」が、今回の第1特集です。管理契約を新たに取得した時だけでなく、契約内容に変更が生じれば、既存で契約するオーナーに対しても重説を行うことが求められています。第2特集では、2023年10月に始まるインボイス制度に関して、管理会社が想定しなければならない対応について、税理士に話を聞きます。

視聴のお申し込みはこちから


「賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。