360°画像にAIがCG家具配置 1カ月2画像まで無料提供中

360°カメラを使ったクラウドサービス『THETA 360.biz』を販売するリコー(東京都大田区)は、AIによる空室画像へのCG家具の配置、バーチャルホームステージングの無償提供を始めました。2021年1月に開始し、4月末には100社以上がこのサービスを利用しています。

▲空室の画像にAIがバーチャル家具を自動配置する

部屋のイメージが膨らむ家具配置画像。集客に活用できる

リコー / AIステージングβ版

 クラウドサービス『THETA(シータ)360.biz(ビズ)』を販売するリコーは、AIによるバーチャルホームステージングを可能とする『AIステージングβ(ベータ)版』を無償で提供しています。空室の360°パノラマ画像にCG家具を配置するもので、4月末時点で100社以上がこのサービスを利用しています。

 リビング、ダイニング、ワンルームなどの部屋のタイプを選び、家具はAIが自動配置。1画像ずつの発注となり、最大4パターンの家具配置画像を受け取ることができます。『THETA 360.biz』のフリープランユーザーは30日間で2画像まで、有償プランユーザーなら毎月10画像まで作成できます。

 同社は、2018年より同様のサービスを提供していましたたが、「より手軽でリーズナブルに利用したい」という賃貸業界からの声に応え、開発。『AIステージングβ版』では、AIが部屋の画像に合わせて家具を自動設置することで、低コストを実現しました。賃貸仲介会社に対しては、CG家具を配置することで反響率を高め、成約に貢献することを狙いとしています。同サービスを導入している賃貸管理会社からは、「オーナー向けの満足度アップのツールとしても利用できる」という声もあります。

 Smart Vision(スマートビジョン)事業センターデータサービス事業室の稲葉章朗室長は、「ただの空室画像よりも家具が設置された部屋のほうが実際にその部屋に住む自分をイメージしやすい。今後は同サービスを導入する不動産会社にとっての価値だけでなく、不動産を選ぶエンドユーザーにとっても使いやすいサービスを提供していきたい」と話します。

【商品概要】
名称:AIステージング β版
価格:無料
サービス対象者:『THETA 360.biz』のユーザー(フリープランのユーザーを含む)※登録できるユーザー数に限りあり。「旧従量課金プラン」での利用者は対象外
その他:対応する部屋タイプは空室の住宅の居室。制作画像は1つの部屋画像に対して複数パターンを同時に制作(画像により配置パターン数は異なる)。制作期間は最短翌日納品

【会社概要】
社名:リコー
設立:1936年
代表取締役社長:山下良則
資本金:1353億円(2021年3月31日現在)
事業内容:デジタルサービス(複合機、プリンター、印刷機などの販売)、デジタルプロダクツ(複合機、プリンター、印刷機などの製造・OEM)、グラフィックコミュニケーションズ、インダストリアルソリューションズ、その他
従業員数:8万1184人(連結/2021年3月31日現在)
本社所在地:東京都大田区中馬込1-3-6
連絡先:電話03-3777-8111(代表)