「不動産賃貸仲介業界研究会【REAN JAPAN】」は何を目的とする団体なのか

2021年05月18日

<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。


 ハウスコム、s-fit、誠不動産という、規模、得意分野がそれぞれ違う賃貸仲介会社の代表者3人が、賃貸仲介業で働く人のための研究会「不動産賃貸仲介業界研究会【REAN JAPAN】」を設立しました。何を目的とする団体なのか、電子契約も始まろうとするこのタイミングでの発足はなぜか、などについて3人の理事にそれぞれ話を聞きます。【記事を読む】


ハウスコム

田村 穂 社長


経営修士(MBA)中央大学大学院戦略経営研究科修了。中央大学商学部客員講師。在学中に宅建主任者の資格を取得。その後、不動産業界での経験を経て、1994年同社入社。営業スタッフから1年で店長に抜擢される。自社のビッグデータを活用し、オープンサービス・イノベーションラボを展開。社会・地域に貢献できる不動産テック企業を目指す。


S-FIT
紫原 友規 社長


1977年6月27日生まれ。福岡県出身。柳川高校卒業後、17歳で「社長になる」と目標を掲げ単身上京。不動産会社勤務を経てSGリライアンスを創業し現在に至る。趣味はゴルフと将棋。


誠不動産
鈴木 誠 社長


1977年3月10日生まれ。茨城県かすみがうら市出身。高校卒業後、1995年陸上自衛隊へ入隊。2000年A.P.C. Japan 株式会社を経て、2002年不動産業界に転身。新築マンションの販売、賃貸仲介を経験後、2009年11月当社設立、代表取締役就任、現在に至る。
一人のお客様に本気で向き合うべく、不動産業界では異例な集客・広告掲載を一切行わない「完全紹介制」がコンセプト。「住んだ後に幸せになっていただける空間」を提供するこだわりと実績は現在も待機客が存在するほど多くの顧客から支持を集めている。不動産業界のイメージを向上し業界を変えるため、日本賃貸仲介協会の前身となる「関東不動産会」を2011年設立。「不動産業界のイメージ向上」「知識・経験・情報の共有」を目的に数々のイベントを実施。著書に『お客様の笑顔をつくる 気づかい仕事術』『幸運が舞い込む部屋探しの秘密』


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

【10/27ライブ配信】<管理業務アップデート会議Vol.2> 管理契約の重説、どうしてる? / 賃貸管理会社のインボイス制度対応を考える

 「賃貸住宅管理業法」の施行により、新たな義務となった「管理取得時の重要事項説明」が、今回の第1特集です。管理契約を新たに取得した時だけでなく、契約内容に変更が生じれば、既存で契約するオーナーに対しても重説を行うことが求められています。第2特集では、2023年10月に始まるインボイス制度に関して、管理会社が想定しなければならない対応について、税理士に話を聞きます。

視聴のお申し込みはこちから


「賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。