『タス』主任研究員兼新事業開発部 藤井部長に聞く「繁忙期直前、どうなってるの賃貸市場」【ダイジェスト】

2020年12月15日

<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。

 賃貸系不動産市場のトップマーケター、タスの藤井和之さんに、繁忙期直前の市場動向を聞きます。事前の取材では、「新築供給が止まらず、地方学生の流入が止まった東京に注意」と、穏やかでない話が出ました。


タス
主任研究員兼新事業開部長

藤井 和之 さん


1987年、東京電機大学大学院理工学研究科修士課程修了。清水建設、Realm Business Solutions、日本レップを経て、2009年より現職。全国の賃貸住宅指標に関する詳細データとレポートを毎月発表。不動産証券化協会認定マスター、MRICS(英国王立チャータード・サーベイヤーズ協会メンバー)、宅地建物取引士


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

【10/27ライブ配信】<管理業務アップデート会議Vol.2> 管理契約の重説、どうしてる? / 賃貸管理会社のインボイス制度対応を考える

 「賃貸住宅管理業法」の施行により、新たな義務となった「管理取得時の重要事項説明」が、今回の第1特集です。管理契約を新たに取得した時だけでなく、契約内容に変更が生じれば、既存で契約するオーナーに対しても重説を行うことが求められています。第2特集では、2023年10月に始まるインボイス制度に関して、管理会社が想定しなければならない対応について、税理士に話を聞きます。

視聴のお申し込みはこちから


「賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。