スマホで水道光熱費を検針 記載ミスや誤請求を防止

 管理会社向けにスマートフォンで電気や水道の検針値を読み取るアプリ『kensAin(ケンサイン)』のβ版の提供を1日から開始しました。で検針値をAIが自動で読み込み、事前に登録されているメーター台帳を基に自動集計される仕組みです。

▲AI搭載アプリで画像解析

セントラル・ビル・サービス / kensAin

 不動産管理やシステムの開発を手掛けるセントラル・ビル・サービス(愛知県名古屋市)は、管理会社向けにスマートフォンで電気や水道の検針値を読み取るアプリ『kensAin(ケンサイン)』のβ版の提供を1日から開始しました。β版の配信期間は4月30日まで。まず同社が種別などの情報を入れたQRコードを検針メーターに添付。そのQRコードと検針値をスマートフォンにダウンロードした『kensAin』で読み込むことで検針値をAIが自動で読み込み、事前に登録されているメーター台帳を基に自動集計される仕組みです。

 これまで2人体制で行ってきた検針作業を1人で行えるのが大きな特徴。検針値の画像解析を行うAIがアプリ内に搭載されているため、最初のログインを電波のある場所で行えば、検針値の読み込みは地下や屋上など電波のない場所でも可能です。ダブルチェックの必要もなく、検針値の記載ミスや誤請求の防止ができ、水道や電気の単価を設定しておくことで検針値から請求書発行も自動で行うことができます。メーターの有効期限も管理できるため交換漏れの防止にもなります。同社では人員や手間のコスト削減、ミス防止に大きく貢献できます。

 現在、β版の初月分無料トライアルキャンペーンを実施中です。正式版の利用料金は1物件当たり月額3200円から。使い勝手などで希望がある場合は別途カスタムを行うことも可能です。

【商品概要】
名称:kensAin
価格:1物件当たり月額3200円から

【会社概要】
社名:セントラル・ビル・サービス
設立:1984年11月
代表取締役:楠井 多加志
資本金:500万円
本社所在地:〒460-0008愛知県名古屋市中区栄1丁目22-16
連絡先:052-211-5417