入居者審査を3分で完結! 非対面契約対応の審査システム

 『Smart Rating(スマートレイティング)』は、非対面契約に対応した入居時審査システムです。来店せずに賃貸借契約を結ぶ際、入居者の身元証明を行い、年収に対する家賃滞納予測などをオンラインで数値化するもの。業務コストの大幅削減も期待できます。

▲与信を可視化した画面。審査はスコアとランクで表示される

家賃保証会社と連携し情報蓄積。入居者に情報開示促す

IRIS / Smart Rating

 不動産テックを活用したソリューション事業を展開するIRIS(アイリス:広島市)では、非対面契約の時代に対応した入居時審査システム『Smart Rating』を提供しています。『Smart Rating』は、電子申し込みやウェブでの書面交付などにより、来店せずに賃貸借契約を結ぶ際に、入居者の身元証明を行い、年収に対する家賃滞納予測などをオンラインで数値化するものです。

 入居申込情報に基づき、契約リスク評価をレポーティングするサービスで、信用力A~Dマイナスまでランク付けすることで、トラブルの防止や、優良顧客の選定などが可能となります。一連の審査は2~3分で完了するため、業務コストの大幅な削減が期待できます。同社では現在、家賃保証会社複数社と連携を取っており、入居者の支払いや滞納歴などの決済情報を獲得しています。これらの情報を開示するかどうかは、現行法では決済者である入居者の許可が必要となっています。このため、同社では、情報開示を行った入居者に対しては、特典を付けるなどのサービスを提供することで活用を図っています。「信用力の高い入居者にとっては、情報開示はメリットとなる機会が多い」と荒川敏勝社長。

 今後主流になる非対面での契約において、信用力の担保は今まで以上に必要性が高まります。「『Smart Rating』を提供し、入居者と管理会社双方にとって円滑で安全な契約を促していきたい」と荒川社長は話します。

【商品概要】
名称:Smart Rating
その他:信用力調査のランク付け(A、B、C+、C、D、D-)、1000点満点で信用力を調査、途上与信(3年未満の滞納予測)、その他公知情報の詳細検索、官報情報、通信インフラ調査等

【会社概要】
社名:IRIS
設立:2019年
代表取締役:荒川敏勝
資本金:1000万円
事業内容:不動産管理業の保障事業およびDX推進コンサルタント、不動産Techソリューション事業
本社所在地:広島県広島市西区楠木町2-1-1
連絡先:問い合せフォームより