不動産クラウドファンディング 1号案件は銀座の賃貸マンション

『みんなdeマンション経営』は、オンライン上で出資手続きが完結する不動産クラウドファンディング。複数人から集めた出資金で不動産を取得し、賃貸収入や売却利益を分配する仕組みです。貸し付け型と異なり対象不動産も明らかとなっており、少額から始めることができます。

▲『みんなdeマンション経営』のサイト
▲1号案件の対象物件『クオリア銀座』

スマホで少額投資ができる

明光トレーディング / みんなdeマンション経営

 ワンルームマンションの販売・管理を手掛ける明光トレーディング(東京都渋谷区)は不動産特定共同事業に参入し、同社初の不動産クラウドファンディング『みんなdeマンション経営』を立ち上げました。2020年12月に一号案件を抽選募集。応募した人が抽選に当たると、出資する権利を得ることができます。

 『みんなdeマンション経営』はオンライン上で出資手続きが完結。クラウドファンディングは複数人から集めた出資金で不動産を取得し管理運営を行うことで、出資者に賃貸収入や売却による利益を分配します。貸し付け型と異なり、出資する対象不動産が明らかで、少額からの投資が可能です。賃貸需要の高い東京都心のワンルームをメインに不動産投資ファンド案件を構築していくとのことです。

 2020年12月に募集を開始した案件は、東京都内の賃貸マンション1室を対象にしたクラウドファンディングで、目標金額は2,550万円。最低出資可能額は1口10万円から。運用期間は12カ月を予定し、想定利回りは年3%(税引き前)。この物件は東京都中央区銀座7丁目で、都営大江戸線「築地市場」駅から徒歩2分の立地。鉄骨鉄筋コンクリート造の10階建て『クオリア銀座』の509号室です(募集はすでに終了)。

 松木正一郎社長は「他の不動産クラウドファンディング商品は、運用期間が3カ月と短く、実質利回りも少なくなるものが多い。今回は運用期間を12カ月とし、実際の不動産投資に近い形にした。投資リスクを最小限にして、不動産投資を知ってもらえる機会にしたい」と話します。

【商品概要】
名称:みんなdeマンション経営
価格:※募集案件による

【会社概要】
社名:明光トレーディング
設立:1990年7月
代表者:松木正一郎
資本金:1億円
事業内容:資産形成コンサルティング、不動産売買業(販売・仲介)、マンション 企画・仕入開発(中古・新築)、不動産賃貸管理・賃貸仲介・賃貸業、不動産管理・相続・資産活用コンサルティング、内装・リノベーション業、損害保険代理業
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-17-3 カゲオカビルディング3F
連絡先:電話03-3440-7201(代表)