オフィス撤退を支援する 荷物の配送・処分・一時保管事業

「カタヅクオフィス」事業は、オフィスの撤退、縮小の際に生じる、荷物の配送、処分、一時保管業務を引き受けるもの。オフィスの移転・退去等をスムーズに支援してくれます。

▲幅広い業種の企業から問い合わせが相次いでいる

1畳あたりの保管料は月額9000円

モノオク / カタヅクオフィス事業

 物置きスペースのシェアリングサービスを展開するモノオク(東京都渋谷区)の新事業が好調です。2020年5月に始めた「カタヅクオフィス」事業は、オフィス移転・退去の際に生じる、荷物の配送、処分、一時保管業務を引き受けるもの。オフィスのスムーズな移転・退去につながるサービスです。

 「カタヅクオフィス」事業の特徴は、荷物の処分・配送・保管をまとめて手配と見積りができること。そして、トランクルームや倉庫を利用するよりも低価格なこと。初期費用無料、1畳の月額保管料9000円を実現できるのは、空きスペースの活用を行っている同社だからです。

 新事業スタートの背景には、新型コロナウイルス感染拡大の影響により働き方が変わり、完全リモートワークや地方への本社移転を決める企業が増えたという要因があります。そこに商機を見いだした同社は、原状回復、解体工事業のTRUST(トラスト:東京都多摩市)と提携し、移転・撤退にかかる手間を一括してサポートする体制を整えました。「サービス開始当初は動きが鈍かったが、9月以降、オフィス移転・縮小の問い合わせが来るようになった」と広報担当者は話します。同社は、オフィス撤退の動きは今後も続くとみており、事業を拡大する予定とのことです。

【商品概要】
名称:「カタヅクオフィス」事業
価格:【保管料金】1畳あたり月額9,000円(初期費用無料)
※1週間で全工程を完了させる特急プランは月額プラス1,000円
※現在、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県エリアを対象
【処分料金】都度見積り(荷物の量にて変動)
※参考:2tトラック1台で60,000円(税別)〜
【配送料金】都度見積り(荷物の量にて変動)
※参考:軽バン10,000円(税別)~、2tトラック30,000円(税別)〜(保管終了時の返送にかかる配送費は別途見積り)

【会社概要】
社名:モノオク
設立:2015年
代表者:阿部祐一
資本金:1億1,745万円
事業内容:個人間の物置きシェアサービス「モノオク」の企画・開発・運用
本社所在地:東京都渋谷区渋谷 2-6-6-301
連絡先:メール info@monooq.com