SNSを有効活用したマーケティングサービス

 イヴレスが、宿泊施設のデジタルマーケティング支援サービス『postayle(ポステイル)』を開始。インフルエンサーマーケティング、ソーシャルメディア運用、販促用の動画や画像の作成を行います。

イヴレス / デジタルマーケティング支援サービス『postayle(ポステイル)』

 ホテルや旅館など宿泊施設の客室備品やアメニティの企画・生産などを手掛けるイヴレス(東京都港区)は、宿泊施設のデジタルマーケティング支援サービス『postayle(ポステイル)』を8月より開始しました。

 提供サービスは、大きく分けて三つ。一つはインフルエンサーマーケティングです。同社はインスタグラムのフォロワー数が1万人を超える複数のインフルエンサーと提携。二つ目のソーシャルメディア運用では、ツイッターやインスタグラムのアカウント開設から運用、戦略の立案、キャンペーン企画などを実施。三つ目は、販促用の動画や画像の作成。業務提携しているプロのカメラマンの手によるドローンや動画、スチール写真を使い、客室やフロント、レストラン、料理、周辺の風景、外観などを撮影し、プロモーション動画の作成などを行います。

 同社がSNSを活用したデジタル戦略に力を入れている背景には、一般ユーザーの検索のし方の変化があります。以前なら、ホテルを検討するユーザーはグーグルなどの検索サイトで検索していたが、最近はインスタグラムとハッシュタグを利用して検索をするケースが増えています。SNSでは、フォロワー数が多い人気のある発信者の投稿が上位に表示されるため、フォロワー数の多いインフルエンサーを起用したSNSでのプロモーション対策が必要となります。

【商品概要】
名称:デジタルマーケティング支援サービス『postayle(ポステイル)』

【会社概要】
社名:イヴレス
代表取締役:山川 景子
資本金:8500万円 (2019年6月期 3000万円増資)
本社所在地:〒540-0022 大阪府大阪市中央区糸屋町2丁目1-1 三和センチュリービル2F