床材専門メーカーが開発した デザインと機能性を高めたシート床材

 床材メーカーの東洋テックス(香川県高松市)は、フローリングの上に張り付けるシート床材に特殊なデザインを施した「Spice the LINEBONE (スパイス・ザ・ラインボーン)」を2021年4月に発売しました。海外で人気のヘリンボーンという寄木細工の意匠を取り入れた「Spice the LINEBONE 」は、今の時代に合わせ、抗ウイルス加工認定証明「SIAA」も取得しています。

▲縦・横・ななめで意匠を凝らして、日本の住宅に合うよう追求

専門メーカーだからこそ、磨くことが出来る技術力に注目

東洋テックス /  Spice the LINEBONE

 日本の住宅で使われる床材は、木材を貼り合わせた無垢フローリング、合板を使ったフローリング、印刷技術によってつくられたシートタイプのフローリングの3種類が主流です。床暖房の導入が進んだ昨今、熱伝導性の高いシートタイプを使用する住宅が増えています。

▲開発・製造をすべて自社工場内で行っている(多度津工場上空写真)

 フローリング専門メーカーである東洋テックスでは、2001年からシートタイプのフローリング開発に力を入れ、海外製品の研究にも力を入れてきました。木材を知り尽くした専門スタッフが、シートタイプでも木材のような見た目や質感となるよう工夫を凝らし、傷や日焼けにも強い機能面の改良にもあたっています。

 コロナ禍以降、在宅時間が増えたことから、より快適な職住空間を求めてリフォームを希望する人の数は増加しています。「プライベート空間とワークスペースに変化を求めたい人がいると感じる」と話すのは執行役員営業本部副本部長の岡田勲さんです。戸建てだけでなく、賃貸マンションのような集合住宅にも使用できるシートタイプのフローリング。今後は専業メーカーの知識や技術力を活かし、時代のニーズに合った商品展開を行っていくとのこと。

【商品概要】
名称:Spice the LINEBONE
価格:3万5000円/坪(税・施工費別)
サイズ:12×303×1818mm
梱包入数:1ケース6枚(3.3㎡)入り
表面仕上:プレミアコート®10 木肌調塗装(抗ウイルス仕様)、特殊強化紙 R1本溝(アシンメトリック加工)・横溝あり カラー:ラスティックアート・ラインボーン(メイプル・オーク・ウォールナット、計3種類)、グレイッシュアート(オイスターホワイト・シャンパンカラー・モカベージュ、計3種類)
その他スペック:SIAA抗ウイルス仕様、床暖房・ホットカーペット対応等(詳細は問い合わせを)

【会社概要】
社名:東洋テックス
設立:1938年
代表取締役社長:小槌和志
資本金:1億円
事業内容:住宅建築資材の製造及び販売
本社所在地:香川県高松市勅使町258-1
連絡先:087-867-7161