プライベート空間を確保できる 組み立て式段ボール製ボックス

オンライン会議等の需要に対応し、プライベートスペースを確保する段ボール製の『ワークブースボックス』と『ワークテーブル』が販売されています。安価で組み立てや移動もしやすく、一般住宅での設置も可能です。

高さ150cmの『ワークブースボックス』
▲『ワークブースボックス』の内部。デスクが備え付けられている。イスは別売り
『ワークテーブル』は個別パーツごとの購入も可能。イスは別売り

付属のボルトとナットで手締めで組み立てる

カワグチマック工業 / ワークブースボックス、ワークテーブル

 段ボール・梱包(こんぽう)材を製造するカワグチマック工業(兵庫県尼崎市)は、コロナ禍での需要に対応する商品として、プライベートスペースを確保できる『ワークブースボックス』と『ワークテーブル』を2020年12月から販売しています。

 『ワークブースボックス』は、高さ150cm、幅80 cm、奥行き120cmのサイズ。入り口になるドア付きパネル、デスク付きの背面パネル、2枚の側面パネルの計4枚で構成。リボードと呼ばれる紙資材を使用し、軽く丈夫なつくりで、付属のボルトとナットで組み立てます。『ワークテーブル』は上下に分かれるデスクと、背景用自立パーテーションなどで構成。デスク上部に天井があり、LEDバーライトが付いています。天井、正面、側面の四方を吸音パネルで囲うので、周囲の音が聞こえにくくなります。一般企業がオフィスに設置するために購入するケースが多いそうですが、オンラインショップでの販売あり、住宅でも勉強や仕事をするスペースとして活用できます。

 同社は13年ほど前から、段ボール製のディスプレー商品を製造。店頭販売やイベント展示の装飾としての利用が多く、オーダーメードに加え、自社ブランドとしての商品化にも取り組んでいます。その一環として、オンライン会議や商談をする際に、プライベートな空間を確保できる商品を開発。段ボール製という特長を生かし、他社の類似商品に比べ、安価で容易に組み立てや移動ができる商品としました。

【商品概要】
名称および希望小売価格:
【ワークブースボックス-ホワイト-Ver1.5】7万2600円
【ワークブースボックス-プレミアムウッド-Ver.1.5】10万7800円
【ワークテーブル-ホワイト(上部4方向吸音パネル・照明付、上下セット。背面用自立パーテーションは別)】7万7000円
【ワークテーブル-プレミアムウッド(上部4方向吸音パネル・照明付、上下セット。背面用自立パーテーションは別)】9万9000円
※すべて税込。運送費別途
サイズ等:
【ワークブースボックス-ホワイト-Ver1.5】外寸 幅800×奥行1200×高さ1500mm、重量 24.5kg、梱包仕様 1個口
【ワークブースボックス-プレミアムウッド-Ver.1.5】外寸 幅800×奥行1200×高さ1500mm、重量 24.5kg、梱包仕様 1個口
【ワークテーブル-ホワイト】外寸(上下セット・組み立て後)幅818×奥行584×高さ1391mm、重量 9.8kg
【ワークテーブル-プレミアムウッド】外寸(上下セット・組み立て後)幅818×奥行584×高さ1391mm、重量9.8kg、 カラー:ワークブースボックス-ホワイト-Ver1.5(ホワイトのみ)、ワークブースボックス-プレミアムウッド-Ver.1.5(ナチュラル、ホワイト、ブラックの3色)、ワークテーブル-ホワイト(ホワイトのみ)ワークテーブル-プレミアムウッド(ナチュラル、ホワイト、ブラックの3色)
その他スペック:
※『ワークブースボックス』の天井は吹き抜けで、室内の明かりを取り入れる仕様。扉部分はマグネットを付けて固定
※『ワークテーブル』は個別のパーツ購入も可能。別売りで『背景用自立パーテーション』もある


【会社概要】
社名:カワグチマック工業
創立:1969年
代表取締役社長:川口 徹
資本金:2000万円
事業内容:ダンボールケースの企画・製造・販売、イベントブース・ディスプレイ等の企画・製造、各種包装資材販売(紙器・容器類・テープ類・ポリ袋・緩衝材等)、梱包・倉庫内作業(アウトソーシング)請負、特定人材派遣、※上記に関する一切の付帯事業
従業員:110人
本社所在地:兵庫県尼崎市南初島町12-9
連絡先:電話06-6488-6312