便座などパーツ交換が簡単にできる音消し機能付き便座

 『擬音装置付き便座DW-312』は、専門知識がなくても簡単な工具で多くの部品の交換ができる便座です。キズや汚れが気になる操作のパネルやおしりを洗うノズルなどを交換できるため、低コストで修理ができ、音消し機能(擬音装置)も付いています。

▲3万8000円(税別)と低価格

一般家庭でも音消し機能の需要増

Deto / 擬音装置付き便座DW-312

 水回り関連商品の製造を手掛けるDeto(デト:岐阜市)は、『擬音装置付き便座DW-312』の一般向け販売しています。基本的な温水洗浄便座機能と3種類の音が内蔵された擬音機能(音消し機能)を備えています。

 同製品の一番の特徴は、パーツが細かく分かれているため壊れた場合パーツごとに交換することができる点です。専門知識がなくても、簡単な工具でキズや汚れが気になる操作パネルやおしりを洗うノズル、便座のふたなどを交換できるため、早く低コストで修理ができ、快適な環境を保持できます。

 商業施設などで普及している「音消し機能」が付いた便座は、これまでは一般家庭での需要は低いとみられていました。しかし外出自粛で在宅時間が増え、家族でも聞かれたくない音の存在が注目されるようになり、音を消したい潜在的なニーズを見込み、販売することとなりました。同社は今後、一般消費者向けの販路拡大やブランドの周知以外に、トイレマナーなどトイレ空間全体の居心地の良さの提案も行っていきたいとしています。

【商品概要】 ※ウェブサイトの情報、商品『温水洗浄便座DW-312』をもとに作成しました
名称:擬音装置付き便座DW-312 → 温水洗浄便座DW-312
価格:3万8000円(税別)
その他スペック:※擬音装置 水の流れる音(3音)/音量調節3段階
※交換パーツ:便ふた、便座、操作パネル、ステンレスノズル、便ふた用脚ゴム、脱臭フィルター、便座用脚ゴム、給水ホースセット、分岐金具(パッキン付)、取付プレートセット
注意事項:※小型便器・特殊便器など一部の便器には取り付けられない場合もある。詳細を要確認

【会社概要】
社名:Deto(デト)
設立:1965年7月
代表取締役:恩田多賀雄
資本金:2515万円
事業内容:浄水器及び付属部品の設計、組立及び検査、水回り設備機器及び付属部品の設計、組立及び検査、浄水器、水回り設備機器などの設置工事及び修理
社員数:50人
本社所在地:岐阜県岐阜市吉野町6-14大樹生命岐阜駅前ビル7階
連絡先:電話058-212-3211