ワイヤレス接続のインターホン 設置が容易で既存物件に向く

モニター付きインターホンの『ワイヤレステレビドアホン WR(ダブルアール)-11』は玄関子機と室内親機がワイヤレス通信でつながるので大掛りな設置工事は不要。既存物件への導入が容易です。最大50件までの録画機能もあり、入居者の防犯意識にも応えます。

玄関子機はドライバーで設置。室内親機は4.3型モニター使用、大きな画面で来訪者を確認しやすい

録画機能を搭載。最大50件のデータを保存可能

アイホン / ワイヤレステレビドアホン WR-11

 住宅用インターホン設備の製造・販売を行うアイホン(愛知県名古屋市)は2020年から『WR-11』を販売しています。大掛りな電気工事は不要で、容易に設置できるテレビモニター付きインターホンです。

 『WR-11』は玄関子機とワイヤレス親機をセットで販売し、両機器はワイヤレス通信でつながるため、配線工事が不要です。ドアホンを取り付けるためのスイッチボックスが玄関横の壁面に埋め込まれていれば、玄関子機はドライバー1本で設置が可能。電池式で、単3電池6本で最大24カ月間稼働します。一方、室内に設置するワイヤレス親機は壁に設置もできますが、コンセントプラグから電源を取るので、入居者のライフスタイルに合わせて、卓上スタンドを用いて置き型での利用もできます。さらに、録画機能が搭載されており、最大50件分のデータを保存。夜間の映像をカラーで映すこともでき、また、逆光など見えにくい状態の時に映像を補正する機能もあります。

 防犯意識の高まりに伴い、テレビモニター付きインターホンの需要は高まっています。モニターで来訪者を映すだけではなく、録画機能も搭載されていることもスタンダードに。こちらは設置工事が不要な分、導入コストをおさえることができるので、インターホン設備のついていない既存物件への導入にも適している製品です。

【商品概要】
名称:ワイヤレステレビドアホン WR-11
価格:オープン価格(カメラ付ワイヤレス玄関子機、モニター付ワイヤレス親機※充電台(WLW-C)付)
サイズ:モニター付ワイヤレス親機 横137×高さ137×幅24.8mm
その他スペック:ディスプレーは4.3型TFTカラー液晶・約39万画素、電源電圧AC100V、50/60Hz、カメラ付ワイヤレス玄関子機は単三形電池6本で約24か月間使用、録画件数は最大50件(1件あたり最大6秒)、逆光で映像が見にくい状態のときの「みやすさ」補正機能ボタンあり

【会社概要】
社名:アイホン
創立:1948年
代表取締役社長執行役員:加藤康次
資本金:53億8884万4000円
事業内容:インターホンシステムやナースコールシステム等電気機器の製造販売
社員数:2040人(連結)1077人(個別)(2021年3月末現在)
本社所在地:愛知県名古屋市中区新栄町1-1明治安田生命名古屋ビル10階
連絡先:電話052-228-8181