【5/26ライブ配信】≪不動産会社のデジタル研究スペシャル2≫ ポータル成約率が上がらない 反響来店ノウハウ最前線

2022年04月21日

電話とメールで店に呼べる? 今「追客」業務に目を向けよ

「反響は増えているのに、来店客数が伸びない」そんな話を耳にする機会が増えました。「反響客に電話とメールでスピード対応」この方法だけで来店客数を伸ばすのは、もう難しいようです。「反響客を来店客に育てる方法」「反響客から確度の高い客を見極める方法」など、効率的に仲介売り上げを伸ばす会社が実践する「反響来店ノウハウ」を紹介します。

【番組案内】
15:00【第1部】反響客を育てる、あるいは、選別する「追客」の重要性が増してきた
 解説:山本悠輔記者
15:15【第2部】LINEを使って顧客管理 記憶と勘に頼らない追客ってどうするの?
 日本エイジェント 東川大輔さん、二宮充寿さん
15:40 顧客管理で売り上げを伸ばす不動産会社の事例紹介
 セールスフォース・ジャパン 西川晋吾さん
15:50【第3部】追わない追客!ゲーム感覚でオンライン来店に繋げる考え方
 テイ・コーポレーション 鶴巻禎さん
16:15 「ノマドクラウド」のデータから見る部屋探しユーザーの動向と対策
 イタンジ 倉崎伸さん
16:25【第4部】紫原社長に聞いてみよう 仲介営業に追客は必要?やりすぎ?
 S-FIT 紫原友規さん

視聴予約フォームはこのページの最後にあります


【第1部】反響客を育てる、あるいは、選別する「追客」の重要性が増してきた

・解説:山本 悠輔(全国賃貸住宅新聞)
・インタビュワー:東島 淳一郎(全国賃貸住宅新聞)

 コロナ禍以降、全国の仲介店舗で、飛び込み客が激減しています。多くの仲介会社は、ポータルサイトやウェブ広告の出稿を強化し、反響を伸ばしました。にも関わらず、肝心の来店客数が伸びません。反響顧客を来店に導く「追客」の重要性が増しています。なぜ今、追客が必要なのかを、解説します。


【第2部】LINEを使って顧客管理 記憶と勘に頼らない追客ってどうするの?

・ゲスト:日本エイジェント 東川 大輔さん、二宮 充寿さん
・インタビュワー:山本 悠輔(全国賃貸住宅新聞)

 ポータルサイト、無人店舗、SNSなど、あらゆるルートでエンドユーザーとの接点を広げる日本エイジェントは、反響顧客とのやりとりを全てLINEで行い、情報を一元管理しています。対応に当たるのは主婦パート中心のWEBソリューションチームです。商談設定までを担い、来店を希望する顧客を店舗スタッフに、オンラインを求める顧客を若手社員中心のサテライトリーリングチームにつなぎます。顧客情報の管理から、商談につなげるまでの仕組みを聞きます。


日本エイジェント
チーフマネージャー

東川  大輔さん


1974年広島県呉市生まれ。愛媛県松山市在住。
株式会社日本エイジェント経営企画部に所属し社内の仲介業務に関して
様々な企画・立案などを行う。店長や斡旋事業部統括を歴任し法人営業課の設立
そして2016年にはWEB反響を一手に引き受ける主婦・パートで構成される「WEBソリューションチーム」や
2020年には非対面営業専門チームである「サテライトリーシングチーム」などを設立。
同年行われた「REEA不動産甲子園」ではグランプリを受賞

日本エイジェント
斡旋事業部 湊町中央店 副店長

二宮 充寿さん


日本エイジェントに入社5年目
当社、銀天街店からキャリアをスタートし
いよてつ高島屋店
湊町中央店
コロナ禍ではサテライトリーシングチーム
現在は、湊町中央店の副店長として勤務


顧客管理で売り上げを伸ばす不動産会社の事例紹介

セールスフォース・ジャパン
コマーシャル営業 第1営業本部 第5営業部 部長

西川晋吾さん


株式会社LIFULLを経てセールスフォース・ジャパンに入社。前職では約18年間に渡り、中小大手不動産会社向けにHOME’Sの営業・海外進出・CVCを担当。現在は中堅・中小企業向け営業組織で部長を務める。


【第3部】追わない追客!ゲーム感覚でオンライン来店に繋げる考え方

・ゲスト:テイ・コーポレーション 社長 鶴巻 禎さん
・インタビュワー:山本 悠輔(全国賃貸住宅新聞)

 反響客を来店商談に導く追客業務を、LINEの自動返信機能で最適化させているのがテイ・コーポレーションです。TikTokやInstagramアカウント「内見女子」からLINEにつなぐ方法で、月2000件の反響を得て、200件のオンライン商談に結びつけています。SNSからLINEを経てzoom商談に繋ぐ方法を、元DeNA社員の鶴巻社長に聞きます。


テイ・コーポレーション
代表

鶴巻禎さん


平成2年8月18日広島県生まれ
平成27年 一橋大学 法学部卒業
大学卒業後、DeNAに入社
アプリゲームの事業責任者や開発責任者、
事業責任者を束ねるグループのマネージャー等を経験
令和2年 株式会社テイ・コーポレーションを設立。「賃貸仲介」「不動産会社のSNS・顧客管理支援」「自社SNSで集客したお客様の紹介」等の事業を運営


「ノマドクラウド」のデータから見る部屋探しユーザーの動向と対策

イタンジ
ノマドクラウド カスタマーサクセス 賃貸仲介業コンサルタント

倉崎 伸さん


2008年に不動産業界に入り、関東の大手仲介企業にて年間トップセールスを受賞するなど活躍。賃貸仲介店長時代に「ノマドクラウド」を活用していた経験を生かして、2019年にイタンジ株式会社にジョイン。これまでに100社以上の賃貸仲介会社をコンサルティング、売上UPさせた実績を持つ。


【第4部】賃貸仲介営業に、追客は必要か、やりすぎか

・ゲスト:S-FIT 社長 紫原 友規さん
・インタビュワー:東島 淳一郎(全国賃貸住宅新聞)

 追客業務の重要性を否定する人はいないでしょう。しかし、成約にどの程度繋がるのか、追客に関わる人員やシステムへの対応など、コストやリソースを鑑みると評価を下すのは簡単ではありません。DXを積極的に推進するS-FITの紫原社長に、二組のゲストの話をどう考えるのか、聞いていきます。


S-FIT
社長

紫原 友規さん


1977年6月27日生まれ。福岡県出身。高校卒業後、17歳で「社長になる」と目標を掲げ単身上京。不動産会社勤務を経てSGリライアンスを創業し現在に至る。趣味はゴルフと将棋。


協賛



これまでの「賃貸トレンドニュース」で放送したゲストトークのダイジェスト版を公開しています。