反響客を育てる、あるいは、選別する「追客」の重要性が増してきた

2022年06月01日


・解説:山本 悠輔(全国賃貸住宅新聞)
・インタビュワー:東島 淳一郎(全国賃貸住宅新聞)

 コロナ禍以降、全国の仲介店舗で、飛び込み客が激減しています。多くの仲介会社は、ポータルサイトやウェブ広告の出稿を強化し、反響を伸ばしました。にも関わらず、肝心の来店客数が伸びません。反響顧客を来店に導く「追客」の重要性が増しています。なぜ今、追客が必要なのかを、解説します。


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

【10/27ライブ配信】<管理業務アップデート会議Vol.2> 管理契約の重説、どうしてる? / 賃貸管理会社のインボイス制度対応を考える

 「賃貸住宅管理業法」の施行により、新たな義務となった「管理取得時の重要事項説明」が、今回の第1特集です。管理契約を新たに取得した時だけでなく、契約内容に変更が生じれば、既存で契約するオーナーに対しても重説を行うことが求められています。第2特集では、2023年10月に始まるインボイス制度に関して、管理会社が想定しなければならない対応について、税理士に話を聞きます。

視聴のお申し込みはこちから


賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中!


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。