反響客を育てる、あるいは、選別する「追客」の重要性が増してきた

2022年06月01日


・解説:山本 悠輔(全国賃貸住宅新聞)
・インタビュワー:東島 淳一郎(全国賃貸住宅新聞)

 コロナ禍以降、全国の仲介店舗で、飛び込み客が激減しています。多くの仲介会社は、ポータルサイトやウェブ広告の出稿を強化し、反響を伸ばしました。にも関わらず、肝心の来店客数が伸びません。反響顧客を来店に導く「追客」の重要性が増しています。なぜ今、追客が必要なのかを、解説します。


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

不動産DXの目的地とは?目的地と今の取り組みを考える

不動産DXの推進、重要性を疑う人は少ないでしょう。しかし、「何故、必要なのか」「何を目指すのか」「どのタイミングで、どんな利益につなげるか」といった、目的やゴールを見つけられずにいる人も多いように感じます。今回は、規模、地域、業態が異なるDX推進不動産会社3社を迎え、目的地と今の取り組みについて話を聞き、3カ月に渡って御送りした「不動産会社のデジタル研究スペシャル」を締めくくります

視聴のお申し込みはこちらから


賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中!


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。