賃貸仲介営業に、追客は必要か、やりすぎか

2022年06月01日

 追客業務の重要性を否定する人はいないでしょう。しかし、成約にどの程度繋がるのか、追客に関わる人員やシステムへの対応など、コストやリソースを鑑みると評価を下すのは簡単ではありません。DXを積極的に推進するS-FITの紫原社長に、二組のゲストの話をどう考えるのか、聞いていきます。


<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。


S-FIT
社長

紫原 友規さん


1977年6月27日生まれ。福岡県出身。高校卒業後、17歳で「社長になる」と目標を掲げ単身上京。不動産会社勤務を経てSGリライアンスを創業し現在に至る。趣味はゴルフと将棋。


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

不動産DXの目的地とは?目的地と今の取り組みを考える

不動産DXの推進、重要性を疑う人は少ないでしょう。しかし、「何故、必要なのか」「何を目指すのか」「どのタイミングで、どんな利益につなげるか」といった、目的やゴールを見つけられずにいる人も多いように感じます。今回は、規模、地域、業態が異なるDX推進不動産会社3社を迎え、目的地と今の取り組みについて話を聞き、3カ月に渡って御送りした「不動産会社のデジタル研究スペシャル」を締めくくります

視聴のお申し込みはこちらから


賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中!


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。