賃貸住宅管理業法は、管理会社に何を求めている? 法制化された背景を聞く

2022年09月21日


<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。


 不動産業界は「賃貸住宅管理業法」の法制化を長い間目指してきましたが、なかなか実現には至りませんでした。ところが「かぼちゃの馬車」事件が社会問題化したのをきっかけに、一気に成立に進みました。そのため、法律には事件の影響も色濃く反映されているようです。法制化当時の(公社)日本賃貸住宅管理協会会長・末永照雄さんを、アミックスの賃貸管理部門責任者として支えた深澤成嘉さんに、国や法律が業界に求めているものについて聞きます。

PMラボ
代表取締役

深澤成嘉さ


2000年12月、株式会社東都エステート(現株式会社フォーラス&カンパニー)に入社。エイブル FC店にて賃貸仲介営業から複数店舗の統括、別法人の賃貸管理会社立ち上げ等に従事。 

2017年1月、株式会社アミックスに入社。賃貸管理事業本部長として管理業務改革とデジタル 化を推進。同年11月には、日本で初めての媒介契約による賃貸借契約の電子化を行う。 

2022年2月、AAAコンサルティング株式会社の副社長就任。 

2022年7月、賃貸不動産管理業のあり方をPMの観点から研究し実践するという目的を掲げ、 株式会社PMラボを設立。現在に至る。 


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

【10/27ライブ配信】<管理業務アップデート会議Vol.2> 管理契約の重説、どうしてる? / 賃貸管理会社のインボイス制度対応を考える

 「賃貸住宅管理業法」の施行により、新たな義務となった「管理取得時の重要事項説明」が、今回の第1特集です。管理契約を新たに取得した時だけでなく、契約内容に変更が生じれば、既存で契約するオーナーに対しても重説を行うことが求められています。第2特集では、2023年10月に始まるインボイス制度に関して、管理会社が想定しなければならない対応について、税理士に話を聞きます。

視聴のお申し込みはこちから


賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中!


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。