全賃記者がおススメしたい!『賃貸住宅フェア2022』注目セミナー&チェックしておくべき出展ブースは?

2022年06月20日

 7月26・27日、東京ビッグサイトにて、賃貸住宅業界最大級のイベント「賃貸住宅フェア2022」が開催されます。そこで、今年の賃貸フェアの見どころを一挙公開します。主催者である全国賃貸住宅新聞社の記者がおススメする、絶対見ておくべき注目セミナーと、抑えておきたい出展ブースを紹介していきます。

【この記事の目次】

・賃貸住宅フェア2022 開催概要
主催者企画紹介
聞いておきたいセミナー紹介
見ておきたい出展社ブース紹介
 


賃貸住宅フェア2022開催概要

 賃貸住宅フェアとは、賃貸管理会社、賃貸仲介会社、不動産オーナー、不動産DX事業者など、賃貸業界に関わるすべての人たちのために、最新セミナーと出展ブースで業界のトレンドを伝える展示会です。今年は約70セミナーと、175社320コマの出展社が集います。最新情報を会場でチェックして、今後の賃貸経営に生かしてくださいね。

・日時 2022年7月26日(火)~27日(水)
・場所 東京ビッグサイト 西1・2ホール
・最寄り駅 りんかい線「国際展示場」駅より徒歩7分/ゆりかもめ「東京ビッグサイト」駅より徒歩3分
・出展ブース 175社320小間
・開催セミナー 70セミナー
・来場 無料(事前来場登録が必要


主催者企画紹介 

 フェア内で展示される毎年恒例の主催者企画を、5つ開催します。

 ・全賃SDGsアワード
 ・「住みたい部屋」を演出!入居を後押しする『ホームステージング』ブース
 ・持続的社会に挑む家主のSDGs座談会
 ・オーナー通信コンテスト
 ・家主のための電子契約体験コーナー

 ホームステージングブースを企画した営業担当の室井に、見どころを聞いてみました。

山本「ホームステージングブースでは、何ができるのですか?」

室井「空室に実物の家具を置いて生活空間を演出する『ホームステージング』と、空室写真に家具画像を配置して行う『バーチャルホームステージング』を、両方自分の目で見て体験することができます」

山本「なるほど。セミナーもやると聞きました」

室井「はい。ホームステージングサービスを提供している5社による、ミニセミナーもブース内で行う予定です」

山本「どんな人に来てほしいですか?」

室井「空室対策や競合物件との差別化に悩むオーナーや賃貸不動産会社の方に来ていただきたいです。ただ部屋を紹介するのではなく『暮らし方の提案』ができるホームステージングいう手法を知ってもらい、賃貸経営に役立ててもらえたら嬉しいです」


『賃貸住宅フェア2022』へのご来場には、事前来場登録(無料)が必要です。登録はコチラから▷▷


聞いておきたいセミナー紹介

 続いて、賃貸住宅フェアの目玉でもある、セミナーについて紹介します。賃貸市況、空室対策、相続対策など、様々なジャンルの専門家を招いて、50分間の無料セミナーが催されます。今年開催予定のセミナーの中から、3つをピックアップしてみました。


【管理・仲介会社向け】
電子契約先行導入企業に聞いてみた デジタル化で管理業務はこう変わる!

日時:7月27日(水)11:00~11:50 
登壇者:ユーミーホールディングス 廣瀬一寛執行役員


 5月に解禁し、注目を集めている電子契約。不動産業界のペーパーレス化に期待がかかっていますね。すでに契約業務の電子化を進めているユーミーホールディングスの廣瀬執行役員が現場の変化を語ります。

【家主向け】
修繕積立金が経費計上可能に!家主が注意すべき制度のポイントと大規模修繕の失敗事例

日時:7月27日(水)15:50~16:40
登壇者:渡邊浩滋総合事務所 税理士・司法書士 渡邊 浩滋さん


 『賃貸住宅共済制度』を大家さん専門税理士が話します。「どんな工事でも対象になるの?」「誰でも、どんな建物でも加入出来るの?」といった悩みを、大家さんにとって何が魅力で何に注意をするべきなのか。大切な資金を減らさない為に、ぜひご視聴ください。

【家主向け】
弁護士は見た! 家主を狙う悪徳業者の手口

日時:7月26日(火)12:30~13:20
登壇者:加藤・浅川法律事務所 弁護士 加藤 博太郎さん

 社会問題化する不動産詐欺事件。この問題を追及し続ける加藤博太郎弁護士が、実際に手がけた詐欺事件を紹介します。住宅ローンの利用を推奨し物件購入させた事件や、収納代行をうたいながらも家主に家賃入金せずに逃亡し、裁判すら起こせないようにしていた不動産会社など、家主を狙う悪徳会社の手口を解説します。


『賃貸住宅フェア2022』へのご来場には、事前来場登録(無料)が必要です。登録はコチラから▷▷


見ておきたい出展社ブース紹介 

 最後に、出展企業を2つ紹介します。展示会の醍醐味は、実物を見て、触れて、その場で疑問を解消できるところですよね。事前に情報を取得してから、その目で確かめてみてください。

【土地活用】イナバクリエイト(東京都品川区)

 全国に約280のトランクルームの拠点を持つイナバクリエイトは、ガレージタイプの収納スペースも展開しています。設計からプランニング、設置まで同社が対応。築古物件の建て替えや、狭小地の新たな土地活用策として注目です。

【空室対策】川口技研(埼玉県川口市)

 室内物干しをはじめとする住宅設備を開発・販売する川口技研は室内物干金物(ホスクリーン)を中心に展示します。また、昨年7月から販売している用途を使い分けできる「ホスクリーン hoshare(ホシェア)」もぜひご確認ください。


『賃貸住宅フェア2022』へのご来場には、事前来場登録(無料)が必要です。登録はコチラから▷▷


 いかがでしたでしょうか。

 まだまだ紹介しきれない見どころがたくさんあります。7月26・27日は、ぜひ、東京ビッグサイトに足をお運びください。また、本展示会は事前予約が必要ですので、ご留意いただきますようよろしくお願いします。

 それでは、全国賃貸住宅新聞社社員一同、皆さまのお越しをお待ちしております。