家主との管理契約を見直し、カギ握る「代理印」 地場大手が、電子契約を進める理由

2022年04月25日

 広島を中心に2万7000戸を管理する良和ハウスは、電子契約導入に向けて、家主との管理契約をまきなおす予定です。家主の代わりに契約印を押印できる範囲を拡げ、社内で契約手続きを完結させるためです。ただし、了承しない家主もいるため、紙と電子の契約フローを混在させる前提で準備を進めています。良和ハウスがそれでも電子化を進める理由を聞きます。


<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。



良和ハウス
情報システム部  部長

星野 康平さん


2014年10月損保系保険会社から良和ハウスに入社
保険部門
総務部門
法人営業部門
事務センター
2021年10月よりDXの会社推進役


良和ハウス
情報システム部

引地 裕一さん


2006年4月大手Sierに入社。
その後ソフトウェア開発会社等を経て、2017年4月から良和ハウスに入社。良和ハウス入社以来情報システム部にて、業務改善やRPA開発に従事。


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

不動産DXの目的地とは?目的地と今の取り組みを考える

不動産DXの推進、重要性を疑う人は少ないでしょう。しかし、「何故、必要なのか」「何を目指すのか」「どのタイミングで、どんな利益につなげるか」といった、目的やゴールを見つけられずにいる人も多いように感じます。今回は、規模、地域、業態が異なるDX推進不動産会社3社を迎え、目的地と今の取り組みについて話を聞き、3カ月に渡って御送りした「不動産会社のデジタル研究スペシャル」を締めくくります

視聴のお申し込みはこちらから


賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中!


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。