「デジタル導入は管理会社にとって死活問題」 管理2000戸の契約業務電子化で企業はこう変わる

2022年04月25日

 都内を中心に2083戸を管理するエレマックスは、新規や更新の契約に、5年前から電子契約を導入しています。目的は、常態化していた深夜残業を改善することでした。「以前は会社で寝泊りするのが当たり前という考えがあった」と話す宇井茂社長。業務の洗い出しや社員へのヒアリングを重ね、契約業務の見直しに至りました。導入前後で会社に起きた変化を聞きます。


<<アーカイブ【全編】動画を公開中>>

ご視聴にはメルマガの登録が必要です。登録はこちらから。


エレマックス
社長



宇井 茂さん


1968年生まれ 千葉県出身
1995年、「ユーロジャポントラベル」入社、欧州ビジネスマン向けアテンド事業に従事。
2001年、「JSネットコンサルタント」取締役に就任。
日本企業の中国進出アソシエイト事業、不動産管理のコンサルティング事業を手がけ「資産価値の維持・向上」のノウハウを培う。
2010年、株式会社エレマックス代表取締役社長に就任、企業の経営再建を目的とした、M&Aにおける株式譲渡。
業績を回復させるため、経営管理等の仕組み再構築から全社員の意識改革を行い、経営改革を成功へと導く。
お客様の様々な不動産の悩みを解決し、高い専門知識と徹底した顧客ファーストを提供。不動産業界おける【不】を払拭させ、イメージ改善に尽力する。


全賃記者が聞く!ライブインタビュー開催決定

不動産DXの目的地とは?目的地と今の取り組みを考える

不動産DXの推進、重要性を疑う人は少ないでしょう。しかし、「何故、必要なのか」「何を目指すのか」「どのタイミングで、どんな利益につなげるか」といった、目的やゴールを見つけられずにいる人も多いように感じます。今回は、規模、地域、業態が異なるDX推進不動産会社3社を迎え、目的地と今の取り組みについて話を聞き、3カ月に渡って御送りした「不動産会社のデジタル研究スペシャル」を締めくくります

視聴のお申し込みはこちらから


賃貸トレンドニュース」アーカイブ動画公開中!


「賃貸トレンド」渾身の動画。
ただいま、賃貸住宅フェア2021で開催のセミナー動画も配信しています。