6つの企画|賃貸トレンドカンファレンス

  TOP6つの企画スポンサー枠ご検討の方お問合せ

賃貸トレンドカンファレンス 2日間で6つの企画

「賃貸トレンドニュース」で話題のゲスト、続々出演決定!その他企画も、随時情報更新します!

【企画➀】これからどうなる?SNS型賃貸仲介

 TikTokやInstagramの紹介動画を使った、不動産仲介の新しい集客スタイルが、この繁忙期にどんな成績を残したのかを検証。SNS仲介の今後にも言及します。ゲストはInstagramの人気アカウント「内見女子」を運営するRoomboxの鶴巻禎代表です。


Roombox 鶴巻禎代表
平成27年 一橋大学 法学部卒業。大学卒業後、DeNAに入社。アプリゲームの事業責任者や開発責任者、事業責任者を束ねるグループのマネージャー等を経験。令和2年 株式会社テイ・コーポレーションを設立。

【企画②】賃貸管理会社に必要な、インボイス対応とは

 2023年10月の施行を控えるインボイス制度の対応では、中小零細事業者への発注業務が多い企業ほど、やるべきことが多くなります。制度開始前に賃貸管理会社が必要な対策が何なのか、不動産業界に詳しい渡邊浩滋税理士に聞きます。


Knees Bee税理士法人 渡邊浩滋税理士・司法書士
“税理士・司法書士・FP・宅地建物取引士 明治大学法学部在学中に司法書士試験に合格。卒業後、総合商社に入社。 法務部で契約管理、担保管理、債権回収などを担当。退職後、税理士試験に合格。 実家の賃貸経営(アパート5棟/全86室)が危機的状況であることが発覚し、立て直すために経営を引き継ぐ。節税、法人化、管理会社の変更などにより黒字化に成功。資産税専門の税理士法人に勤務後、2011年に独立開業。税理士と大家の両方の視点から賃貸経営に困っている大家さんのサポートに取り組む。

~管理業務アップデート会議・スペシャル~

【企画③】賃貸管理業法を成長機会とするには

 「賃貸トレンドニュース」の企画として2022年秋から始まった「管理業務アップデート会議」で視聴者の反響が大きかったテーマについて、振り返ります。ゲストは会議でもおなじみの、ユーミーホールディングス・廣瀬一寛さんです。


ユーミーホールディングス 廣瀬一寛執行役員
1999年 株式会社三好不動産入社。2007年 ジョーンズラングラサール株式会社出向。2010年 ユーミーらいふグループ入社。テナント仲介、PM業務などに従事。2014年 株式会社湘南らいふ管理設立。2017年 同取締役就任。株式会社ユーミーホールディングス執行役員就任。


【お問い合わせ】
全国賃貸住宅新聞・デジタルメディア事業部
trend@zenchin.com